PSVitaの周辺機器9選をまとめて紹介!【快適に遊びたい人向け】

PSVita周辺機器psvita
サラリーマン
サラリーマン
PSVitaを購入したけど、より快適に遊びたい。
オススメの周辺機器とかある?
ジャッカル
ジャッカル
よしゃー!
ワシがまとめてオススメの周辺機器を紹介していくぞ。

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • PSVitaで快適に遊ぶための周辺機器を紹介
  • 自分に合った周辺機器と欲しい商品が見つかる

この記事を書いている私は、PSVitaを愛用して7年です。

実際に買ってよかった物から、評価が高いオススメの周辺機器を紹介します。

PSVitaより快適にするための周辺機器9選の選ぶ基準

 width=
この記事で紹介する商品を選ぶ基準は以下の通り。

  • PSvitaが快適になる商品
  • 値段が高過ぎない商品(5,000円以下)1つだけ10,000円超えがあります
  • 高品質な物(レビューや実体験で判断)

上記3つの基準をピックアップしました。

この記事で紹介している周辺機器は、PSVitaをより快適にするための商品をメインに紹介しています。

PSVitaにおける必要最低限の周辺機器に関しては以下の記事をどうぞ。

PSVita中古本体だけ買う人は見て!最低限必要な付属品を紹介

PSVitaの1000(旧型)と2000(新型)はほぼ一緒ですが、端子の差し込み口の違いや本体の厚みが違います。

そのため、本記事では両方に対応していない商品については、旧型と新型それぞれ個別の商品を紹介していきます。

サラリーマン
サラリーマン
新型と旧型って何?

こんな風になっている方は、先に以下の記事を読むことをオススメします。

PSVita新型と旧型を7項目で比較【どっちがオススメ?】

簡単に貼れる液晶保護フィルム


  • 指紋や埃で画面が汚れない
  • 画面が保護されるので傷がつきにくい
  • 落とした時のダメージ軽減

タッチパネルを使用する機会が多いので、どちらかと言うとマストアイテムですね。

この商品はシワがつきにくい工夫がされており、保護フィルムを貼るのが苦手な人でもキレイに貼れると評判です。

旧型Vita1000の方は下記商品がオススメ。

厚みがシールよりも少しあるので、強度が高いです。

前後を保護してくれるので、後述する背面タッチパッドを買う必要がなくコスパ良し。

背面タッチパッド


  • 耐久性があるので、落とした際の保険になる
  • 防水、傷、埃などから守れキレイに使える

こちらもキレイに貼れてるタイプの保護フィルムです。

落として壊れた場合は(公式サポートで背面タッチパッドの交換9,720円)の修理費がかかるので、保険として買うのはアリですね。

メモリーカード


PSVitaでゲームから動画、音楽と多岐に渡り楽しみたい方は、32Gを買うと安心です。

反対にゲームしかしないよって方は16Gで充分足ります。


充電器


  • 5機種に対応(Vita 1000、PS Vita 2000、PSP、PSPgo、PS4用コントローラ)
  • パソコンやゲーム機のUSBポートから手軽に充電可能
  • スマホの充電が可能

これ1台で複数の機種の充電ができる優れものです。

デメリットとしては同時充電はできないのと、PSVita1000の差し込み口がきつく充電しにくいということ。

※充電できないとのレビューもありました。

なので、PSVita1000の人は以下がオススメです。


こちらは、私も使っていますが問題なく充電できています。

Vita1000の方はこちらを買う方が無難です。

プロテクトフレーム


  • 安心の耐久性で本体を守る
  • 自立型のスタンドで映画や動画が見やすい
  • ほこりの混入を防ぎ故障の原因を防げる

装着したまま、ACアダプターを挿せるしメモリカードやゲームカードも出し入れができます。

取付が簡単なので本体にキズも付きかない点もいいです。

ちなみに、後述するハードポーチと併用すると最強の安心間が得られます。

Vita1000の方は以下がオススメ。


ハードポーチ


  • 頑丈な作りでケースの上から踏まれても平気
  • ケース内の画面にクッションがあり画面が傷つきにくい
  • ケースに収納しつつ充電できる(ファスナーを閉じても可能)
  • プロテクトフレームとセットで使うと最強の安心感

デメリットとしては、カード入れやコード入れがないので、別で運ぶ必要があるのが難点です。

ただし、プロテクトフレームを装着しても収納できる点と、優れた保管場所にもなります。

これらを考えると、総じてコスパが良い商品だと思います。

PSVITAリモートプレイアシストアタッチメント (PCH-2000専用)


  • L2/R2、L3/R3ボタンを搭載
  • 背面操作も正確に反応
  • 簡単に取り外し可能

これを使えばPSvitaリモートプレイの弱点を全て補えます。

PSVitaでリモートプレイを快適にできるように工夫されているので、操作性が大幅に向上します。

デメリットは、値段が高い(唯一の10,000円超え)少し重くなる、ごついので外で遊ぶ時に目立つことです。

Vita1000でリモートプレイを快適にしたい方は以下がオススメ。


  • L2R2をトリガーで押せ、アーカイブやリモートでの操作性向上
  • 表面にカバーがあり、本体を傷から守るプロテクトとしても利用可能

デメリットとしては、もともと重めのVita1000が更に重くなることです。

あとは、取り外しがVita2000用よりも若干やりにくいところですかね。

とはいえ、Vita1000でリモートプレイをしたい方は操作性の向上を考えると、必須の商品だと思います。

イヤホン


  • 音楽鑑賞には不向きだが、ゲームに最適な音
  • 長時間の使用でも耳が痛くならない
  • プラグ部分も角度が付いており、パッドに接続しても邪魔にならない

外でプレイしてると、周りの雑音で集中できない事がありますよね。

このイヤホンなら雑音がカットされ、ゲームを快適にプレイできますよ。

デメリットとしては、イヤホン単体でボリュームの調整ができない点です。

アナログスティックカバー


  • 操作性の向上
  • 指が痛くならない
  • 汚れない

アナログパットをグリグリしてると指が痛くなりますよね。

これを装着することで、そんな痛みとはおさらばです。

あと指って想像以上に汚いので、キレイに使える点もグッド!

唯一のデメリットはいつの間にか外れて失くすことがあることです。

まあ、それを見越してメーカーも多めにパッドを用意しているので、この値段でのコスパはかなり良いと思います。

PSVitaの周辺機器9選のまとめ

  1. 液晶保護フィルム、保護ガラス
  2. 背面タッチパッド
  3. 容量大き目のメモリーカード
  4. 1台で複数の機種に対応マイクロUSB
  5. プロテクトフレーム
  6. ハードポーチ
  7. PSVITAリモートプレイアシストアタッチメント/li>
  8. ゲームに最適なイヤホン
  9. 指が痛くならないアナログスティックカバー

ここで紹介した商品は必須の物ではないですが、あるとPSVitaをより快適に使えるようになりますよ。

個人店的にこの中で一番買って良かった物はリモートプレイアタッチメントです。

私は、PSVitaでリモートプレイをちょくちょくするのですが、劇的にリモートプレイの操作性が向上しました。

リモートプレイをPSvitaでしたい方は買っておいて損はない商品なので一押しです。

あと、この記事を書いてわかったんですが、VIta1000よりVita2000の方が周辺機器の種類が豊富ですね。

なので、まだPSVitaを持っていない方はVita2000の方を買うといいかもしれませんね。

(2020年)PSVita新品を買うべき理由6選!【迷ってる人向け】

ちなみに、Vita2000は既に生産終了しているので、新品が欲しい方は速めの購入が良いですよ。

この記事がお役に立ったなら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました